労働時間と収入について

会社で仕事をすることと、フリーランスで仕事をすることでは様々な面で違いが出てきます。
特に労働時間の違いを一番に考えるのではないでしょうか。確かに同じようにエンジニアとして働く場合、会社で勤務する場合は、仕事がなくても勤務時間内は拘束されます。
そして仕事量が多い時は残業や時間外での労働も必要になってきます。

ですがフリーエンジニアの場合、仕事がない時は自分の好きなように時間を使うことが出来て、また仕事量が多い時は同じように時間を費やすので、フリーエンジニアの方が良い面が多いように感じてしまいます。同じような仕事量で生活を維持するためには、フリーエンジニアの場合、キャリアが重要になってきます。やはりキャリアがなければ良い仕事が回ってくることは少ないと思います。

ここで話す良い仕事とは単価の高い仕事のことです。同じだけの時間を仕事に費やすのではあれば、やはり高単価の仕事をたくさん持っている方が良いのは簡単に分かると思います。そのためにはフリーエンジニアのキャリアがどれだけ必要かということです。
誰もが最初は初心者ですし、キャリアを積むまでに時間も環境も必要だということを忘れてはいけません。会社にいて仕事をしているといつかは会社を辞めたい、フリーランスで働きたいと考えることもありますが、その為に必要なことは何か、ということを知っておくことです。

フリーエンジニアの需要は年々増えていますが、その中で安定した仕事を得ようと考えるのであればその為のキャリアなど、準備に必要なものは何か、ということも知っておくことです。
そしてその為に何をしなくてはいけないか、客観的に判断する力も必要です。

また、できるフリーエンジニアと言われるためにも、生産性を上げていく必要があります。
生産性が上がれば、クライアントの信頼を得ることもできますので、安定した収入にも繋がります。
できるフリーエンジニアを目指すならこちらのサイトがおすすめです。>>>http://improve-product.net/