仕事にも保険が必要

何か困ったことやトラブルに遭遇したとき、人はどのように対処するのでしょうか。
まず多くの人は、今までの経験や知識から、対応出来そうな事柄を記憶から引っ張り出してくることでしょう。そこで最善の方法と思われる対処方法をとるのだと思います。

ですが、今までに経験したことがないようなトラブルだった場合や、対処までの時間に余裕がない場合はどうすれば良いのでしょうか。
これはかなり焦ってしまうと思います。よく「お手上げ」という言葉を聞きますが、まさにこのような状態のことでしょう。
このような事態にならないように、普段から注意や準備をしておくことが一番のポイントですが、予測できないから準備が出来ずに対応できないのがトラブルです。

特にフリーランスで働くことが初めての人には、どのような事態が起きるかは想像が出来ないものです。
その為、フリーランスになる前には、これからフリーランスで働く人を対象にしたセミナーなどに参加して、必要と思われる準備をしたり、また困った時に相談するところなどの確保をしておくことが出来ます。この準備を怠ると、実際にフリーランスで働きだしてからトラブルの対応に手間と時間をとられてしまうことになります。

仕事には準備がいかに大切かは、働いたことがある人なら十分に分かっていることでしょう。
準備にかける時間は多い方が安心です。特にこれから自分一人で考えて対応していかなくてはいけないフリーランスの場合、この準備期間には十分な時間と手間をかけておきましょう。そして相談すべき窓口をいくつも確保しておくことです。これは仕事の上での保険と同じ意味合いを持つのではないかと思います。

もちろん、フリーランスとして働き始めてからも、クライアントの対応やスキルアップ等、自分自身で乗り越えていくことは多数あると思いますので、独立したらゴールというわけではないのです。これからが重要となるでしょう。