得意なことと苦手なこと

仕事に限らず、いろんな場面で人は向き不向きを感じることがあります。
人と接することが向いている人もいれば、コツコツ一人で作業することが向いている人もいます。この向き不向きは思い込みで判断していることも多いと言われています。本人は向いていない、と思っていてもほかの人から見ているととても向いている、と思われることもあるようです。

向き不向きと得て不得手は少し違うのかもしれません。
得意なことや好きなことは自分に向いていると人は思いがちですが、意外と苦手だと思っていることなどが向いていることもあるようです。
不本意ながら向いていないと思うようなことを続けていると、意外な自分の才能に気づくこともあるようです。趣味や遊びであれば、好きや嫌いといった感情で判断することも出来ますし、問題もありませんが仕事になるとそうはいきません。好きではないこともしなくてはいけないことも多いですし、自分では向いてないな、と思いながら仕事をすることもあります。

会社に勤めているときは、向き不向きに関係なく、仕事だからと業務をするしかありませんが、独立して自分一人で仕事を全てしなくてはいけなくなると、向き不向きといったことに拘っていることが出来ません。
むしろ向き不向きにこだわる人は独立できる人ではない、とも言えるのではないかと思います。向いていないと思えることでも、なんとか活路を見出して、より成果の高いものを作りだしていくことが大切です。

その為にはまず自分を枠にはめてしまう考え方から、枠を広げていく考え方に切り替えることが大切になってきます。
独立できる人は、苦手だと思えること、向いていないと思えることにも挑戦する勇気を持った人ではないかと思います。
この勇気があれば、独立してからも、挑戦することを恐れず、できる人と呼ばれることでしょう。そうすることで、クライアントとの信頼関係ができ、成功の道へと繋がっていくのです。